環境に優しい町作りを目標に、千葉市では、補助金を出して、太陽光発電の設置を進めています。
その他にも、落書き禁止条例や、ポイ捨て禁止条例など、景観や、環境に配慮した町作りを市の取り組みとして、行っています。

千葉市以外でも、千葉県では、旭市の旭市太陽光発電設置補助金制度のように、我孫子市、安房郡鋸南町、いすみ市、市川市、市原市、印西市、印旛郡栄町、印旛郡酒々井町、浦安市、大網白里市、勝浦市、香取郡神崎町、香取郡多古町、香取郡東庄町、香取市、鎌ヶ谷市、鴨川市、木更津市、君津市、佐倉市、その他にも多数の市で、補助金制度がそんざいします。

県全体的に再生可能エネルギーを推し進めていく、熊本県や神奈川県等と、違います。
静岡県のように、市民ファンドで進めていく方法とも、違う、より地域に密着した、町や、市の単位の補助金制度と、言えます。

再生可能エネルギーは、化石燃料のいずれくる枯渇への対応策として、注目されています。
火山大国日本としての地下の熱源を利用した、地熱発電は、地下のポテンシャルを調べるためにかかる時間や費用が、低くありませんし、地盤が不安定になり、地震が起こってしまう危険性、熱源を使うことによる、温泉が出てこなくなる可能性が問題視されています、波の浮き沈みを利用する潮力発電は、海の中に、今まで存在しなかった、建造物が建てられることによるベントスへの影響や、プランクトンへの影響が未知数です。
風の力を利用する風力発電は、騒音や、飛んでいる鳥が衝突して死亡するバードストライクが問題です。
ダムを作り、水の位置エネルギーを利用する水力発電では、そもそもダムを作り上げることによる生態系への影響が大きいです。

上記に書いたように、再生可能エネルギーには、さまざまな問題点が存在しています。
太陽光のエネルギーを利用すると言っても、天候に左右されてしまう点や、設置したあとに、埃等の付着による発電量の低下といった問題も存在します。
他にも、空き地を買って太陽光パネルを設置する方法の場合は、その空き地に住んでいた、動植物が、今まで得ることが出来ていた光という資源を得ることができなくなるという影響が存在します。太陽光発電の一番優れた点は、今まで利用していなかった、家の屋根の上を利用することができる点が生態系にも配慮した素晴らしい点です。
市町村レベルでの施策は、空き地を買って太陽光パネルを設置するといった方法を防ぐ、素晴らしい施策です。