地球温暖化と太陽光

「太陽光エネルギーが地球を救う」

そんな事をキャッチコピーにしている企業がありました。

当時まだ子供だった私は太陽光発電の重要性を知らず、太陽光そのものを理解していませんでした。

しかし大人になるにつれ、TVやニュースなど様々なところで「地球温暖化」が取り上げられている事を学びました。

地球温暖化といった言葉はよく耳にしていたのですが、それと太陽光発電が結びつくものだとは全く考えてもしませんでした。

世界には様々な発電方法が存在しており、太陽光発電以外にも

・火力発電

・水力発電

・風力発電

・地熱発電

・バイオマス発電

・原子力発電

などがあるのを知りました。

しかし発電方法にはそれぞれメリットもあればデメリットも存在する。

この世にメリットだけの発電方法なんて存在しません。

しかし、デメリットをいかに軽減するかが重要なのではないでしょうか。

火力発電の出すCO2も温暖化の原因の一つ。

風力発電は景観問題や騒音問題があります。

原子力発電は説明は不要だと思いますが。放射能の危険性があります。

クリーンエネルギーが重要視される現代。

アイドリングストップやCO2削減が推奨されている現代。

美しい地球を守るために様々な事が取り組まれています。

人類全員が少しだけ協力すれば大きな力になるはずなのですが、残念な事にそうはいきません。

きっと「自分には関係のない事」と思っている人が多いはずです。

太陽光発電も聞いた事があるけどどんなモノなのか知らない。

しかそ、知らない興味がないではダメなところまで地球は汚れてきています。

温暖化すれば生きることの出来ない動植物。

それらを餌にして生活している動物もいます。

電力問題一つで生態系が崩れ、食物連鎖のバランスが狂ってしまう事もあります。

自分たちの手で汚してしまった地球。

それらを守るためにもっとエコに目を向けなければなりませんね。

その入口としてあるのが電力問題。

クリーンエネルギーで、資源が枯渇する事もなく、温室効果ガスを排出する事もない。

今、地球上で起こっている問題。

温暖化問題。

きっとこの言葉を知らない成人はいないはずです。

その最先端で何年も前から力を入れている太陽光発電。

日本でも非常に普及してきています。

脱原発を掲げている今だからこそ再度目を向けてみる必要があると思います。

原発を反対するだけではなく、しっかりと電力と向き合って取り組んでいく必要はあるはずです。

電力がなければ現代では生活する事が恐らく不可能だと思います。

電力がなければほとんどの人が職を失う事になるはずです。

地球も電力も失わないためにもしっかりと向き合いましょう。